品良くシンプルに祀ってみよう 御札舎本一社シリーズ 尾州檜バージョン

御札舎本一社 大型サイズ 尾州檜

https://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana054400/

神棚選びも選ぶ人たちの嗜好性というものを考慮して作っていきますが、簡素なものを探している人たちもいます。

簡素であっても雑ではない、、、シンプルさがあるけど押さえるところはしっかり押さえてある。

神棚の素材としては最高峰の尾州檜100%。


3つのサイズがありますが、小型サイズのみ引き出しはありません、中型、大型サイズには引き出しがあります。


御札舎というネーミングからわかるように、御札を入れてもらうために作り出した神棚ですが、神鏡を入れておきたい、金幣芯を祀っておきたい、という場合でも合います。





基本的には置いておくだけ。

しかし、壁に掛けておきたいこともあるので、その場合には「吊り下げ金具希望」を選んでいただければ金具を取り付けておきます。

重いものではありませんので虫ピン、画鋲のようなもので留められると思います。


【神具】 御札舎 本一社 大 神棚
---詳しい紹介---
外寸
高さ31cm 幅17cm 奥11cm
内寸(本社)
高さ27cm 幅13cm 奥6cm


備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。

飾りなどを廃し御札のみを入れるための神棚です。
一般な的な箱宮とは違い中にはセトモノセットなどは入れません。
一見、神棚とは見えないと思いますので、洋間などに最適です。




御札舎本一社 大型サイズ 尾州檜 上品
https://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana054400/




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神前に置く御幣

神棚の特注・オーダーメイドについて