投稿

特殊な半畳サイズのい草上敷き 用途限定ながら重要多し

イメージ
一畳敷きの上敷き 半畳敷きの上敷き https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000154/

一畳敷きより半畳敷きのほうが需要としては多いですね、特殊なサイズです。

特殊なものは既成品ではありませんのでサイズオーダーということにあります、半畳でも一畳のサイズオーダーと価格は同じです。

おまかせ工房では一畳敷きを作るとき最低枚数というものがって、6枚以上から作っていますが、これは枚数が少ないと全く仕事にならないからです。

何か四畳半ぐらいのものを1枚と一緒であれば1枚でも作れますが、一畳敷き1枚とかは無理です。

 半畳2枚とかね、手間のほうが上回ってしまうので、その辺の事情はわかってください。




半畳サイズというのはもちろん人がそこへ座るために使うものです。

一人分のスペースを確保できますね、座布団でも同じことができますが座布団より若干大きいサイズになるのが半畳です。


この半畳を並べて使う、お座敷とかお寺とか。

家庭で使うと半畳なら並べられても8枚ぐらいでしょうかね、対面で4枚4枚とか。

座卓も2つぐらい用意しておけばそのぐらいですね。


一畳敷きの上敷き 半畳敷きの上敷き
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000154/




興味のある方は是非ご覧ください。

高級棚板や祖霊舎などでは当たり前のように使う木製の榊立て

イメージ
木製ヒノキ花台 木枠のついた榊立て https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000132/

榊立てに木枠装飾を施したものを使うことがありますが、使う場所というのがやや限定されています。

八足台、祖霊舎、そして神棚で使う高級な棚板。

これらの上で水玉、平子、榊立てなどを直に置いておくと、その下に黒い円形の跡が残りますので、豆八足台、折敷、三宝などを使うわけです。

榊立てに至っては折敷を使うこともありますが、この木製花台をよく使います。


左右にある程度の空きがないと置けませんが、見栄え良し、ボリューム良し。




水垢が残ると削るしか対策が取れません。

棚板であれば表面を削ることもできますが、祖霊舎などの一体化したものの場合にはほぼ無理ですよね。

そのためこのような置台を使うわけです。


なかなか何のことを言っているのか経験がないとピンとこないかもしれないけど、神棚の棚板などはよても予算をかけておくこともある神具のひとつですので、汚れる前に使ってみてもいいのではないでしょうか。


木製ヒノキ花台
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000132/





興味のある方は是非ご覧ください。

祭壇前などで使う機会が多い小型の八足台・八脚案

イメージ
小型八足台 2つのサイズがあります https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000629/

今回紹介するのは組立式八足台でもありません、豆八足台でもありません、小型八足台です。

この小型八足台は1段のみ、脚は完全固定のみ。

主な用途としては祖霊舎などの祭壇の前で使うことを想定しています、そのため二段にしたいときんは高さの異なる小型八足台を組み合わせればできます。


脚は完全固定なので外すことはできません。

サッと出してサッとしまう、、、そんな状況ですね。


勘違いしやすい点としては、固定式には2種類あるということです。

差し込みタイプの固定式、そして、今回の完全固定式。

家庭で使う場合には今回のような完全固定式のほうが同じ固定式でも使いやすいはずです。


また、組立式八足台とは違います。



一昔前まで祭壇前でよく使われていましたが、今は床の間などの空間に神棚を設置する人たちが増えてきましたので八足台はよく使われます。

また、天井のような高い場所ではなく、置くような祭り方をすることも増えてきました。

八足台は年間を通じてよく作ります。


今回の小型八足台は2サイズのみですのでサイズに柔軟性のある組立式などとは違います。



小型八足台 桧製
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000629/



興味のある方は是非ご覧ください。

結局この色が一番目立たないで馴染む 上敷きの鋲

イメージ
ござのピン 上敷き鋲 https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000668/

ゴザを敷いて上敷きの鋲を畳に挿すんだけど、そのとき何色にしようか考えると思う。

縁の色に合わせてみる、透明にしてみる、とかが真っ先に頭に浮かぶはず。

もう手元にあるならそれを使えばいい。

もし、まだこれから買おうかと考えるのであれば、この色がオススメ。


透明の鋲は逆に目立ちます、ピカピカね。

アイボリー系が結果的にどんな縁にも合って、自然と意識しなくなる。

こんなことを書くと、最初はどうしても目が行ってしまうと思うけどさ、実際、しばらくすると意識はしなくなって、あ~言う通りと思うはず。


おまかせ工房では5種類の上敷きの縁があるんだけど、ゴザを購入してくれた人には無料でこの鋲を付属しています。

なんだかんだとあれこれ試してみて、結局、この一色になった。



無料で付属しているから上敷きと一緒に買う必要はありません。

しかし、補修用ヘリテープを使いたい人が手持ちの鋲がないときに使ってみてください。

20本あれば6畳の上敷きなら事が足ります。



上敷きの鋲 ピン
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000668/




興味のある方は是非ご覧ください。

明るい神棚に仕上げられるガラス箱宮神殿すだれ付きシリーズ

イメージ
ガラス箱宮シリーズ すだれ付き 一社 三社 https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000118/

神棚も祭り方ひとつで明るくもなり暗くもなるからね、人の集まる場所に神棚があるなら明るくしておくといいだろう。

多少の神具を用意しないといけないけど、真榊を置いてだけでもかなり違う。

カラフルな神具で五色なんだけど、まぁ、これは説明をすると長くなるから今回は割愛させてもらう。


すだれ付きのシリーズがあります。

それだけでもかなり明るくなりますが、フルセットの神具を入れてみた。



使った国産神具は「 竜彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット 」。



置き方、飾り方、配置などはいろいろ工夫次第でどうにでもなる、こうしなければならない、なんてもんは一切ないからね。

ただ、ひとつの参考例として見てくれるといいんじゃないかな。



ガラス箱宮シリーズ すだれ付き
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000118/





興味のある方は是非ご覧ください。

自分でやっちゃえ その場でやっちゃえ ござを敷く 部屋の形に合わせた寸法直し

イメージ
自由に切れる上敷き フローリングでも使える唯一の上敷きござ https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000162/

サイズオーダーで上敷きござを作ると仕上りがプロです、まぁ、そりゃそうだ。

っで、採寸が面倒だ、いや、採寸自体に自信がない、、、ということもある。

自分で測ってみたものの、ほんとにこれでいいのか? 間違っちゃいないか? とね。


そんなときには「自由に切れる上敷き」を使って、その場に敷いてみてからザクザクと切って、部屋の形にしてくのが一番だろう。

これで失敗をしたら、、、それは・・・・なんでしょう・・・・。


多くの場合、角からスタートするだろう、部屋の角に上敷きの角を合わせてからスタートだ。

出っ張り、へこみ、などの位置を確認しつつ、ポイントごとにハサミで切っていく。


あ、そのとき使うハサミは大きなハサミがいいだろう、切りやすい。


切った部分には補修用ヘリテープNo.1を必ず貼ってください。




和室に敷く敷物として上敷きがあるんだけど、この自由に切れる上敷きだけはフローリングの上でも敷けます。

裏面に特殊な加工をしてるから、ザクザク切ってもバラバラにならないんだけど、その加工面をいかして床の上で使うこともあるんだよね。


い草カーペットをリビングで使う。

こういう一昔前ではできなかった使い方ができます。


普通の上敷きはフローリングは避けてね、この「自由に切れる上敷き」 だけ。




自由に切れる上敷き フローリングでも使える唯一の上敷きござ
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000162/




興味のある方は是非ご覧ください。

人知れず神様を祀っておきたい それとわからないように祀りたい

イメージ
御札舎本一社シリーズ 小型 中型 大型 https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000124/

表題を読んで、一体何を言っているんだ? と思った人もいるかもしれない。

しかし、実はこっそり祀っていたい、という場面が実生活でも実社会でもある。

店をやっている人もそういうときがある、不特定多数の人たちが出入りするような場所。

家にやたらと来客が多い家庭、それから習い事で部屋を貸し出しているような家。

まだまだ、事例はたくさんあるけど、神様だとはっきりわからないように祀りたいってときには、おまかせ工房の御札舎シリーズを使う人が多いです。


尾州桧の良い素材を使い、一見すると神棚には見えないと思う。


でも、神棚の要素は取り入れてある。

そこがなんでもいいというのではないので、押さえるところはしっかり押さえた作りです。


壁に掛けたい場合には「吊り金具希望」を選んでくれれば取り付けておきます。

これは重くないからそんなにガチガチに金具は取り付ける必要もないので、額縁などを引っ掛けるような三角の吊りカンで十分。

シンプルな神棚に仕上げてあります。

たまに、神札だけではなく、御幣なども入れておく人もいるかな。




御札舎本一社シリーズ 小型 中型 大型
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000124/





興味のある方は是非ご覧ください。