人知れず神様を祀っておきたい それとわからないように祀りたい

御札舎本一社シリーズ 小型 中型 大型

https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000124/

表題を読んで、一体何を言っているんだ? と思った人もいるかもしれない。

しかし、実はこっそり祀っていたい、という場面が実生活でも実社会でもある。

店をやっている人もそういうときがある、不特定多数の人たちが出入りするような場所。

家にやたらと来客が多い家庭、それから習い事で部屋を貸し出しているような家。

まだまだ、事例はたくさんあるけど、神様だとはっきりわからないように祀りたいってときには、おまかせ工房の御札舎シリーズを使う人が多いです。


尾州桧の良い素材を使い、一見すると神棚には見えないと思う。


でも、神棚の要素は取り入れてある。

そこがなんでもいいというのではないので、押さえるところはしっかり押さえた作りです。


壁に掛けたい場合には「吊り金具希望」を選んでくれれば取り付けておきます。

これは重くないからそんなにガチガチに金具は取り付ける必要もないので、額縁などを引っ掛けるような三角の吊りカンで十分。

シンプルな神棚に仕上げてあります。

たまに、神札だけではなく、御幣なども入れておく人もいるかな。




御札舎本一社シリーズ 小型 中型 大型
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000124/





興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神棚の特注・オーダーメイドについて

神棚の雲板・・・サイズ、位置、向きなどについて