神棚を入れるための箱(神殿ケース)

神棚を入れるための箱(神殿ケース)

http://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana0617/


神棚を入れる箱と言えば一番わかりすいと思います。

箱型の神棚であれば宮形入りなので箱は特に必要ないと思いますが、一般的な宮形はそのままですね。


大きさに制限がありますが、おまかせ工房の屋根違い三社(中)のために製作している神殿ケース。


両サイドはガラス、前もガラスですが、前のガラスは引き戸になっていて後から差し込むスタイルですので、使うなら入れて、使わないなら入れないという使い方。

それと壁掛けにできるように吊り下げ金具は付けてあります。



引き出し付きなので簡単なお供えも可能。

ということで、神棚ケースのご紹介です。



少し大きいと思いますので商品ページにて寸法の確認はしてください。

もう少し小さい神殿ケースも多種用意してあります。



この神殿ケースには御簾を付けることができて、これが案外人気があります。

最近では洋間に神棚を祭る人達も多くて、少しモダンにしてみたいなーというのであればオススメですね。


必ずしも壁掛けにする必要もなく、棚板の上に直接置かれている方々もいます。

使い方はかなり柔軟に幅広いのではないでしょうか。




神棚を入れるための箱(神殿ケース)
http://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana0617/





興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神棚の特注・オーダーメイドについて

上敷の縁・・・・畳縁としても使えます。