神棚をすっぽり納めるための神殿入れ 大きな木札でも使えます

神棚をすっぽり納めるための神殿入れ 大きな木札でも使えます

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000122/

まず、この神殿入れは置いておくだけでも壁に掛けておくこともできます。

神棚をそっくりそのまま箱に入れておきたいときに使うと便利。


神棚の箱宮化ですね。


また、木札が大きすぎて神棚に入らないなどという場合には、この神殿ケースを箱宮に見たてて、そのまま木札を祀っておく。


神具などもこの入れ物の中に入れておきます。



正面は4枚ガラスにしてありますが、この正面ガラスは後から入れて使うので、入れておく人、使わない人に分かれるようです。


毎日開け閉めするのが面倒になってきたら、二枚だけ入れて中央を開けておくなんてこともできますね。


左右のガラスは外せません。



また、すだれを付ける人も多いので、専用の御簾は用意してあります。






おまかせ工房では、この神殿入れと神棚を同時に購入していく人が多いです。


箱宮ではちょっと小さすぎるなぁ~と思う場合には、屋根違い三社と通し屋根三社などを選び、この神棚入れに入れておく。


汚れ無くて重宝するのではないでしょうか。



壁掛けできるように吊り下げ金具は付けてありますが、このケースを置いておくだけにしている人もいて、特に賃貸物件で住んでいる場合ですね、壁に穴をあけられないから箪笥の上などで祭ってある場合です。


いろいろな使い方ができる神棚入れです。




神棚をすっぽり納めるための神殿入れ 大きな木札でも使えます
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000122/




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神棚の特注・オーダーメイドについて

上敷の縁・・・・畳縁としても使えます。