単純なデザイン 筋幕らしさを打ち出したガラス箱宮の神棚

筋幕聖箱宮(大型)聖17号壁掛け

http://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana0656/

シンプルデザインってことになるのでしょうけど、筋幕という欄間に使うデザインがあります。

横筋の模様を作るだけで、シャープさが出てくる独特な模様です。

その筋幕をあしらった神棚。


ガラスケースに入れてあります、正面のガラスは取り外し可能、左右のガラスは取り外しできません。



お供え物の交換を毎日される場合には、4枚ガラスのうち中2枚は開けっ放しにしておいてもいいかもしれない。


箱型の神棚というのは一般的にそのまま壁掛けできるようにしてあります。

しかし、台の上に直において祭っておく人も増えてきたようにも思いますね。


棚板を使ってもいいでしょうし、タンスや書棚の上でもいいと思う。






【神具】筋幕聖箱宮神殿(大)聖17吊下式(神棚)
---詳しい紹介---
外寸 高さ38cm 幅52cm 奥24cm
内寸(本社) 高さ26cm 幅29cm 奥4cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。これは吊り下げるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。



筋幕聖箱宮(大型)聖17号壁掛け
http://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana0656/





興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神棚の特注・オーダーメイドについて

上敷の縁・・・・畳縁としても使えます。