神棚の扉に御簾を取り付けてみよう 扉御簾

神棚の扉に御簾を取り付けてみよう 扉御簾

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000206/

神棚の扉を開けている人必見ということで、今回の店長ブログは扉御簾のご紹介です。


おまかせ工房はすだれ屋でもあるので、座敷すだれ、神前御簾、仏前御簾などを作っていますが、神棚向けの小さな御簾も作っています。


基本的には神棚の扉は閉めておくように神棚は作りますが、これが一様に決まっていわけではないんですね。

地域によって開け閉め混在のところもあれば、うちは開けているよ、うちは閉めているよ、ということがある。


習わし、習慣というものが重視される世界なので、それはそれで良いわけです。




ところが、開けていると御札周りが汚れてしまう、神札が丸見えになってしまう、、、、なんてことがちょっと気になる人もいますね。


特に店舗をやっているといろいろな人が出入りする。


そんなときには扉に御簾を取り付けておけばOKです。





一般的には画像のように上から下まで隠す。

扉の内側に取り付けますが、扉をガバッと外して間仕切りがあるようであれば、その間仕切りの幅寸法で選んでください。


扉の裏側からは上部に小さなクギで留めておきます。

セロテープや接着剤は使いません、クギはこちらで用意しておきます。


おまかせ工房でも神棚を選んでいただいた時に同時に扉御簾を選んでもらう機会があります。

そのときにはこちらで取り付けておきます。


どれが合うのかわからない・・・・という場合には価格はどれも大中小同じなので適当なものを選んで付けておきます。


ただ、注文画面の最後にコメント欄がありますので、そこに「すだれ取り付け希望」と書いておいてください。

そうしてもらわないと他の利用かもしれないので判断がつきません。




神棚の扉に御簾を取り付けてみよう 扉御簾
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000206/




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神棚の特注・オーダーメイドについて

上敷の縁・・・・畳縁としても使えます。