神棚をガラスケースに納めたいとき使う神殿ケース

神棚を入れるためのガラスケース

http://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana0617/

箱宮として作っている神棚と、棚板などの上に祭るための神棚とは作り方が少々違う。

今回の店長ブログは、後から箱宮のようにして祭りたい人向けのガラスケースのご紹介です。


簡単に言うと、手持ちの神棚をすっぽり入れてしまう入れ物。

そのために大きいです。


小型サイズ向け、中型サイズ向けを作っていて、画像は中型サイズ向け。


あいにく、大型サイズ向けというのはないから、この中型ケースが最大級ということです。



棚板ではなくて箱宮のように祀っておきたいときには便利。

壁掛けできるように吊り下げ金具は取り付けてあります。






汚したくない、ホコリまみれにしたくないなんてときでも利用できると思います。



左右のガラスはすでにはめ込んであって、正面のガラスは後から入れてもらう。

4枚のガラスで引き戸です。


時には、正面ガラスを使わない人もいるようで、毎日参拝をする場合、開け閉めがやや面倒になってくるようで、そのようなときには二枚だけ入れておく、、、、そんな使い方もいいでしょう。


商品ページにはさらに詳細画像を掲載しています。




神棚を入れるためのガラスケース
http://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana0617/





興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神棚の特注・オーダーメイドについて

上敷の縁・・・・畳縁としても使えます。