巻く・包むが劇的に楽しくなる梱包材 透明ラップ


巻く・包むが劇的に楽しくなる梱包材 透明ラップ

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000468/

何故か巻きたくなる、この際だから何でもかんでも巻きたくなる梱包材を紹介してみたいと思います。

おまかせ工房でも使っているものだから、その便利さは折り紙つき。


感覚として大きなサランラップ。

物をぐるぐると巻いていく。


ダンボールを積み上げたら巻いておくとかね、出荷するとき濡れると困るなら防水ダンボールにしてしまうとか。

簡易ビニールハウスだって棒があればすぐできる。


土の棒を挿して最初は弱く何回か巻いておけば、あっという間にビニールハウス。


屋根付き倉庫に使わない機械類があれば、とりあえずラッピング、バンバン使っても一巻き300メートルあるし、使い勝手がありますね。




工場などは使わなくなった製造機器がたくさんあって、ホコリを被る前に巻いておくだけでも随分違うと思いますよ。


屋根付き倉庫に旧車を保管しているときでも便利かと。


物置に自転車があれば錆びる前に巻くとかね。


ともかくこれは巻くための梱包材。


一本、二本常備しているだけで、あれにも、これにも使えるから無駄にならないと思う。





巻く・包むが劇的に楽しくなる梱包材 透明ラップ
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000468/




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神棚の特注・オーダーメイドについて

上敷の縁・・・・畳縁としても使えます。