木箱に納めるように神棚を祭ることができる箱宮三社

木箱に納めるように神棚を祭ることができる箱宮三社

http://www.omakase-factory.net/shop/html/products/detail.php?product_id=354

全部隠れるように神棚を祭りたいという方が若干ですがいますので、今回の店長ブログは木箱に入れたように神棚を隠れるように祭ることができる箱宮を紹介したいと思います。


おまかせ工房にはいろいろな電話がかかってきますが、このような要望を言う方が少なからずいますので、そのお手伝いというところでしょうか。


まず、この箱宮、まぁこれはいろいろなところで作られているので、似たようなものは多々あるかと思いますが、正面はガラスは入ります。

このガラスを使わないで、板をはめる、ガラスと同じ大きさ厚さであれば難なく入ります。

そうすると、元々、左右は板ですので、正面も板になる。


全方向、板。

箱に入れたように神棚を祭ることができる、、、、至って簡単でしょう。



板については各人で用意してください。

一言で板と言っても様々な木材がありますので、好きな木目、好きな木、あえて違う目立つような板にしてみるとか、この辺のやり方は無限大です。



どうしてそうしたいのか?

神棚だとバッチリわかるようにして祭りたくない、それだとちょっといろいろ困るという場面ですね。

商売をされている方が店舗に祭るとき、そのことをよく考えるようです。




神棚ってものは自分がその中に何を祀っているのかわかっていればいいだけのことなので、他人、特に不特定多数のいろいろな人が出入りするば場所に、個人の思いばかり全面に押し出してしまうと都合が悪いときがあります。

いろいろな考え方の人がいるんだということですね。


そこで、ひっそりと、でもしっかりと、、、祭っておきたいとき、全部箱にしてしまう。


だったら、木箱でもいいだろうと思うのは早合点ってもんです。

まぁ、それもダメとはいいませんが、せっかく良い形の神棚があるので、紹介をしているわけです。




あ、それと話は全然変わりますが、こんなことを言われたことが昔ありました。

「そちらの神棚とよく似たものなんだけど修理できる?」

これ、他店のものはできません。

神棚も似ているようでみんな作っているところで違うもの。

買ったところへお願いしてください、お願いします。





木箱に納めるように神棚を祭ることができる箱宮三社
http://www.omakase-factory.net/shop/html/products/detail.php?product_id=354



興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神棚の特注・オーダーメイドについて

上敷の縁・・・・畳縁としても使えます。