おまかせ工房 神棚 招福 神棚セット(小) kamidana

おまかせ工房 神棚 招福 神棚セット(小) kamidana

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000569/

神棚セットのご紹介です。
今回は小型三社。

大きな神棚を探している人もいれば、小さな神棚を探している人もいる。

一社がいいのか、三社にするべきか・・・結構悩みますよね。

何回か取り替えてくれば自分に最適なものも自ずとわかることなんですけど、最初はいろいろ見えてこない。

誰だってそういうもんだと思いますので、神棚神具セットというものがあります。


特に、神具については、このぐらいでいいかな~?という組み合わせでセッティイグしています。



棚板については当店のNo.5以外(No.1〜No.4、No.6〜No.9)ならば乗せることが可能です。



動画でもちょっとご紹介。


榊について付記しておくと、榊は生榊と造花とあって、これはシルク造花というのを付属してありますが、本榊となると頻繁に交換していかないといけない。

生花だからそうしていくしかないと思うけど、生榊を使うと最初は気にするから交換する人が多い。

でも、長続きしない人も多い。


個人的には生榊が入手しずらい環境であれば、あえて生榊を使うこともないと思いますが、いかがでしょうかね。

シバではありませんので、榊を置いていない生花店もあるかもしれません。


ということで、常時祭って置けるように造花としてあります。



場所の問題で陶器類のうちどれかを端折らないといけないことも起きます。

そのときには優先順位みたいなものがあって、水、米、塩が優先、できれば酒を、そして榊をって感じです。


画像では豆八足台に「水と酒」を乗せてありますが、ここへ「水、米、塩」を乗せることもあります。

むしろ「水、米、塩」の組み合わせの方が目にしたことが多いかもしれませんが、決まりはありません。

とはいうものの、一応、お手本のような教科書のようなものでは「水、米、塩」にしてあることが多いかな。


左右対象の方がなんとなくいいと思ったら、置き方は自由自在です。

ご自身の祭り方に異を唱える人はいませんのでね。





おまかせ工房 神棚 招福 神棚セット(小) kamidana
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000569/




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神棚の特注・オーダーメイドについて

上敷の縁・・・・畳縁としても使えます。