体育館や避難場所にござを敷くなら自由に切れる上敷ゴザ

体育館や避難場所にござを敷くなら自由に切れる上敷ゴザ

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000162/


避難場所っていうところは窮屈なところでして、何がないって自分の場所ってもんがありません。

さらに共有場所っていうものもないので、座ってお喋りするのも一苦労。

臨時場所だからしょうがないよっていう声もありますが、今回紹介する「自由に切れる上敷」を使うと一変します。


そもそも体育館などは床です、フローリングと言えばわかりやすい。

直に座ると長く座っていられない。

体育マットでも敷いておけばなんとかなりますが、あれ独特の臭いがしますね。

さらに寝転がるのは子供までで大人はちょっと気が引ける。


畳を置いておけばいいかもしれませんが、置き場が・・・・・困る、これは大変困る事。


そこで、ござを敷いてみたらという人もいますが、普通のござでは薄くてダメ。

厚いござなんてあるわけない、、、、、、、、それがある。





厚いと言っても2倍ぐらい。

だからしまいやすい、丸めやすい、持ち運びも簡単。

座っていても耐えられる。


普通の上敷ござにフエルト加工のようなものをしています。

これはザクザク切ってその場の部屋の大きさに合わせるための特殊加工ですが、目的を変えてみれば避難場所などで活躍する敷物に早変わり。


きっと、ストレスを感じる事なく、しばしの避難ができると思います。


町内会や自治体からの注文もあるので、避難場所目的だけではなくて日頃の集会でも使っていることでしょう。

フローリングの上にござを敷きたいなんて、一昔前まであり得なかったことですが、今はできます。






体育館や避難場所にござを敷くなら自由に切れる上敷ゴザ
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000162/





興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神棚の特注・オーダーメイドについて

上敷の縁・・・・畳縁としても使えます。