樹木の塩害防止 簡単ビニールハウスの作り方

簡単なビニールハウスを作ろう

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000468/

長く使えるような本格的ビニールハウスを求めているのなら、かなりの予算も掛けられる。

しかし、その場だけでいい、台風前だけでいい、なんて場合には予算は掛けたくないもの。

となると、作れるのか?ということならば作ってしまえばいい、、、、今日の店長ブログはそんなお話。



用意するものは、この梱包用透明ラップ、それと園芸用の棒。

それだけ。


この透明ラップは一巻きが300メートルあります。

もうお気づきかと思いますが、要は巻いてしまえば出来上がり。

垣根が台風後だと枯れてしまう、草花がみんな塩害でやられてしまう、大風だと花が散る・・・・などなどがわかっているのであれば、巻いて保護。




恒常的に設置しているものは農家並の設備投資が必要ですが、家庭レベルならこういうものを代用して十分でしょう。

台風一過の後には全部取って捨てられる。


元々は荷崩れ防止用のラップです。

でも使い方を変え、ちょっと頭をひねれば別の使い方だってできてしまう。


スタッドレスタイヤの保管でもいいでしょうね、積み重ねておくだけでは崩れたとき大変です。

倉庫にしまうものでもホコリだらけにしてしまう前に包んでおけばいい。


一本、二本あればあれこれ使えて便利な梱包資材です。


【梱包材】透明ラップ パレット用ストレッチ 50cm x 300M 2本セット
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000468/




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神棚の特注・オーダーメイドについて

上敷の縁・・・・畳縁としても使えます。