小分け販売 衝撃緩衝材・・・バラバラにして隙間を埋めて使うと便利です

小分け販売 衝撃緩衝材・・・バラバラにして隙間を埋めて使うと便利です

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000464/



袋に入ったまま使うのはもったいないので、バラバラにして隙間を埋めるには最高の梱包材のご紹介。

画像のものが50袋入りが最小単位です。


箱に詰めるときにはチビチビ使うと費用対効果抜群。

適度な箱の隙間・・・この隙間があると中の物が壊れやすくなる。

だから、クッション材を入れたいけど、エアーキャップなどではなく緩衝材を使うともっと壊れない。


これ梱包テクニックの初歩です。

 



ともかく運送会社のトラックにはいろいろなものを乗せてあるわけで、何がどうなるのか届けてみないとわからない。

壊れてしまって運送会社を責めたところで始まらないと思います、だから、壊れないように梱包する。

素人すぎた梱包をプロ梱包に変えてしまうから素敵。


軽いものなので重量計算をするとき有利ですね、壊れない、軽い。


四隅だけではなく上下左右にも少しだけくる感じで隙間に埋めていきます。

慣れてくるととっても使いやすい梱包材だな~と実感するのではないでしょうか。



衝撃緩衝材50袋
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000464/





興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神棚の特注・オーダーメイドについて

上敷の縁・・・・畳縁としても使えます。